LG、3Dスマートフォンと「Honeycomb」搭載タブレットをMWCで発表へ

文:Kent German(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月14日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペインのバルセロナで現地時間2月14日より開催の世界最大のモバイル関連の展示会Mobile World Congress(MWC)を前に、LGは同イベントで発表予定の新製品「Optimus 3D」と「Optimus Pad」についての一部の情報をプレスリリースで明らかにした。

 Optimus 3Dは1GHzのデュアルコアプロセッサ1基を搭載する、デュアルチャネル、デュアルメモリ構成のスマートフォン。4.3インチWVGAディスプレイを備え、メガネ不要で3Dに対応する。HDMIポートとDLNAポートも搭載。

 今回明らかになったタブレットOptimus Padは、「Android 3.0」(Honeycomb)を採用し、8.9インチディスプレイ(アスペクト比15対9、1280×768ピクセル、WXGA)を備える。1GHzのNVIDIA「Tegra 2」デュアルコアプロセッサ、3Dカメラを搭載し、HD 1080pデコードに対応している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加