フォトレポート:Sony EricssonのAndroid端末「Xperia Neo」--MWCで発表 - 3/6

文:Kent German(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月14日 10時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Xperia Neoは、1GHzの「Snapdragon」プロセッサ、Sony Braviaグラフィクスエンジン、「Android 2.3」(開発コード名:Gingerbread)、320Mバイトの内部メモリを搭載する。また、メッセージング、電子メール、FMラジオ、パーソナルオーガナイザ、Sony Ericssonの「Timescape」インターフェース、Wi-Fi、Bluetooth、USB同期、USBマスストレージ、ミュージックプレーヤーの機能を備えている。
Scroll Right Scroll Left

 Xperia Neoは、1GHzの「Snapdragon」プロセッサ、Sony Braviaグラフィクスエンジン、「Android 2.3」(開発コード名:Gingerbread)、320Mバイトの内部メモリを搭載する。また、メッセージング、電子メール、FMラジオ、パーソナルオーガナイザ、Sony Ericssonの「Timescape」インターフェース、Wi-Fi、Bluetooth、USB同期、USBマスストレージ、ミュージックプレーヤーの機能を備えている。

提供:Kent German/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]