パナソニック、薄さ10.3mmのデジタルフォトフレーム--エコナビを搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月8日、部屋の明るさに合わせて画質を調整するデジタルフォトフレーム「MW-5」を発表した。薄さ10.3mmのスリムモデルになる。発売は3月17日。価格はオープンだが、店頭想定価格は1万円前後の見込み。

 MW-5は、「明るさセンサー」によるエコナビ機能を搭載し、周囲の状況に応じてディスプレイが明るさを自動で調整。周囲が暗くなると約1分で自動的に電源が切れる。このエコナビ機能により、最大34%の節電が可能としている。

  • 「MW-5」

 本体ディスプレイの最薄部が10.3mmと、スリムデザインを採用。画面表示サイズがL版の写真プリントに近い7.0型WVGA(800×480ピクセル)の高精細液晶を搭載する。ディスプレイの角度は50〜75度に調整できるため、場所を選ばず見やすい設置が可能だ。

 12種類のスライドショー表示に加え、写真と時計やカレンダー表示の組み合わせなど30種類の表示モードを装備。128Mバイトの内蔵メモリと、SDカードスロットを備える。

 本体サイズは高さ134.1mm×幅200.7mm×奥行き79.8mm、質量は約412g。本体カラーはブラックとホワイトの2色をラインアップした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加