米司法省、WikiLeaks関係者のTwitterアカウント情報を要求--現アイスランド議員も

文:Declan McCullagh(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月12日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米司法省は、WikiLeaksに関連すると思われる人物のTwitterアカウント情報の提出を求める裁判所命令を取得した。WikiLeaks創設者のJulian Assange氏をはじめ、複数の人物が対象となっている。

 これに対し、開示を求められたアカウントの1つを所有するアイスランド議員Birgitta Jónsdóttir氏は、電子フロンティア財団(EFF)を自身の代理人とした。Jónsdóttir氏はかつてWikiLeaksに協力して米軍の機密ビデオ公開にも加わっていた人物。EFFのリーガルディレクターCindy Cohn氏は、EFFが代理を務めるのはJónsdóttir氏に対してのみであり、裁判所命令(PDF)の他の対象者については当てはまらないことを明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加