Google Chromeがシェア10%間近--2010年のブラウザ動向を振り返る - (page 2)

鳴海淳義(編集部)2010年12月29日 21時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年はスマートフォン版ブラウザに注目の新製品が登場した。特に積極的だったのはOpera。4月に公開したiPhone向け「Opera Mini」は初日だけでダウンロード数100万件に到達した。Android OS向けにはOpera Miniのほか、Opera Mobileも提供した。OperaにはMiniとMobileという2つのモバイル製品があるが、Opera Miniはクライアントではなくサーバ上でページ内容を処理するウェブサービス、Opera Mobileの方が本物のブラウザ製品である。11月に公開された「Opera Mobile 10.1 beta for Android」はハードウェアアクセラレーションを搭載したパワフルなブラウザとなっている。

 日本でもLunascapeとSleipnirのスマートフォン版が公開された。LunascapeのiPhone版である「iLunascape Lite for iPhone」は片手でiPhoneを持った際、親指が届く範囲内にボタンやタブを配置した「InReach」と呼ぶインターフェースが特徴。PC版Lunascapeの最新版「Lunascape6.5」とブックマークを共有できる「オンラインブックマーク機能」も備える。

 SleipnirのiPhoneアプリ版である「Sleipnir Mobile」は、無制限にタブを開いて、左右に切り替えながら閲覧できるインターフェースや、タブを下にフリックして閉じる「FlickWipe」などが特徴。また、タブをまとめられる「タブグループ」、ラベル管理によるブックマーク「FenrirFS ブックマーク」、ブックマークなどを長押ししてバックグラウンドで開く「Hold And Go」など、効率的にウェブを閲覧できる機能が搭載されている。

 2011年もブラウザ市場は活発な動きがありそうだ。上半期にはデスクトップ版Firefox 4、そしてSleipnir 3が登場すると見られる。またGoogle Chromeと連携するChrome OSの本格展開も楽しみだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]