logo

【レビュー】ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」--350gは思った以上にコンパクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドキュメントスキャナとして、すっかり定番となった感のある「ScanSnap」シリーズ。これまでにも、フラッグシップモデルであるS1500の下位機種として、コンパクトで手軽なS1300を発売して好評を博した。S1300よりもさらに小型軽量化されたS1100が発売された。使い心地をレポートする。

350gは思った以上にコンパクト

 S1100は、350gというコンパクトさが特徴だが、外箱からして小さい。「この中に本当にスキャナが入っているのか?」と思うほどだ。本体を箱から取り出すとさらに驚く。細長く、女性でも片手で楽に握ることができる。

  • 女性でも片手で持てる軽さと形状で、持ち運びが簡単

 同梱されている物は、2mのUSBケーブル、スタートアップガイド、セットアップ用のDVD-ROM、ユーザー登録カード、保証書、「やさしく家計簿 エントリー for ScanSnap V1.0」インストールCD-ROM。

 細かいことだが、USBケーブルには、ケーブルをまとめやすいマジックテープが使用されており、携帯するときに便利そうだ。こういうちょっとしたことで、ユーザーの満足度は上がる。

実用的なソフトウェアが充実

 S1100をPCに接続する前に、必要なソフトウェアをインストールしておく。ドライバであるScanSnap Managerは必須であるが、その他のソフトウェアは名刺管理や家計簿など用途に合わせてインストールするかどうかを選択するといい。

 今回のレビューで使用した、筆者のデスクトップPCのスペックは以下のとおり。

  • OS:Windows Vista Home Premium(32ビット)
  • CPU:Intel Core 2 Quad CPU Q9550 2.83GHz
  • メモリ:4Gバイト

 S1100は、WindowsとMacの両方で使用できるハイブリッドモデルであるが、Macの場合Windowsよりも対応ソフトが少ないのが残念だ。

ScanSnap S1100の製品情報
ソフト名WindowsMac OS
文書整理ソフトScanSnap Organizer V4.1
名刺管理ソフト名刺ファイリングOCR V3.1CardMinder V1.1
OCRソフトABBYY FineReader for ScanSnap 4.1
ECM連携ソフトScan to Microsoft SharePoint 3.4
家計簿ソフトやさしく家計簿エントリー for ScanSnap V1.0
EvernoteソフトEvernote for Windows 3.5Evernote for Mac 1.10

(※)ScanSnap ManagerのMac OS版は、以下の機能は使用できない
カラー高圧縮、原稿を上向きにしてセットする、PDFファイルにパスワードを付ける

  • マジックテープによりUSBケーブルは簡単にまとめられる

  • オプションで、持ち運べる専用ケース(2980円)も販売。ケースに入れたまま使えるのがポイント

  • [インストール]ボタンをクリックして画面の指示どおりにインストールするだけ

 なお、Evernoteについては、最新版をEvernoteの公式ウェブサイトからダウンロードできる。

いざ、スキャン

  • スキャナのボタンが青く光るので電源のオン/オフが簡単に分かる

 PCとS1100を付属のUSBケーブルで接続して、S1100の前面にあるトレイを手前に倒して開けると、[Scan/Stop]ボタンが青く点灯し、電源が入る。USBバスパワーのため、コンセントは必要ない。ノートPCと一緒に持ち歩けば、いつでもスキャンが可能だ。

 Windowsのタスクバーに「S」というアイコンが表示されるので、このアイコンを右クリックして、目的の読み取り設定を選択するか、アイコンを左クリックして[Scanボタンの設定]メニューを選択して、読み取り設定を行う。

 次に、原稿をトレイにセットして[Scan/Stop]ボタンを押すと、スキャンが開始される。A4片面を読み取りモード「ファイン」で読み取る時間は、わずか7.5秒。あっという間だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集