logo

ついに出た!SIMカード3枚の同時待ち受けケータイ--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMを3枚入れてみよう!

 一方端末の背面はこれといって特徴はなしだ。XpressMusicの表記はNokiaの真似だし、8メガピクセルのカメラ表示も今どき信じる人はいない。3Dデジタルサウンドとかとにかく「何か記号がある」くらいにしか思われないのにとりあえずいろいろ表記があるわけだ。なお一番下の部分には「QUGA TFT LCD」とあるが、これはQVGAのスペルミスなのか、はたまたVの字をデザインしたらUっぽくなっちゃったのかは不明。というか、こんなところ細かく見るなんてこうしてレビューする筆者以外いないだろうけど。

 てなことで背面の電池カバーをはずしてみると、狭いスペースに折り重なるようにSIMカードスロットが見えてくる。上側のmicroSDカードスロットのほうは余裕があるのだがパーツの配置の関係でこうなってしまうのだろう。しかしこのサイズの端末の中に3つものGSMケータイのチップセットが入っちゃっているわけですよ。2つ入っているだけならまだしも3つもだなんて、いやー冷静に考えるとこれは結構すごいことかも。

 では早速SIMカードを入れてみよう。SIMカード3枚は、まずはSIM-1を最初に入れる。そして次にSIM-2、SIM-3を重なるようにスライドさせて入れるのである。よって出し入れを頻繁に行うSIMカードはSIM-1のところには入れずに2番目か3番目のところに入れるようにしよう。ま、3枚も入れるってことが普段はなかなかないだろうけど、このあたりは入れるときにちょっと考えておいたほうがいい。

 SIMカードを3枚装着してバッテリーをつければ、あとはもうフツーのケータイ状態である。まさかこの中にSIMカードが3枚も入っているなんて想像すらできないだろう。ある意味これはスパイが使うのにもいいような気がするが、スパイだからといってSIMカードをたくさん使うのかというと違うような気もする。やっぱり過去に紹介したカメラ収納型みたいに、なにかしらのギミックがないとスパイケータイとは呼べないよなぁ。

背面のデザインはまぁ普通背面のデザインはまぁ普通(クリックすると拡大します)
SIMスロットがごっちゃりと集まっているSIMスロットがごっちゃりと集まっている(クリックすると拡大します)
SIMカードを装着、重なるように入るSIMカードを装着、重なるように入る(クリックすると拡大します)
電池の下にSIMカードが3枚とは想像もつかないだろう電池の下にSIMカードが3枚とは想像もつかないだろう(クリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]