logo

GMOグローバルサイン、サーバ管理ツールと認証局を自動連携させるAPI提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOグローバルサインは12月22日、複数ドメインでSSLサーバ証明書を申請するニーズに対応する「第二世代ワンクリックSSL」サービスの提供を開始したことを発表した。自社内で複数の証明書を利用する直販の顧客、ホスティング事業者などの再販パートナーに提供する。

 第二世代ワンクリックSSLは、同社がこれまで提供してきたサーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現できるAPIサービス「ワンクリックSSL」の拡張版となる。CSRの作成やSSLサーバ証明書のインストールといったウェブサーバの設定と、APIの呼び出しが簡単に行えるツールを提供することで、サーバ管理ツールとの連携を簡素化、個別開発の省力化と導入までのスピード向上が実現できるという。

 利用者とGMOグローバルサインのサーバ間の通信を、新たな認証方式でSSL暗号化することで従来の認証方式よりも安全に認証できるという。月単位での契約も対応している。

-PR-企画特集