logo

フォトレポート:破壊されたアップル製品を使ったアート展--消費者文化へのメッセージ

文:Leslie Katz(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月24日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 サンフランシスコを拠点に活動するデジタルイメージとCGIアーティストであるMichael Tompert氏は、新品のApple製品を破壊し、残骸を写真に収め、それを「物への執着とファッション、自由、束縛」に対する意思表示として表現している。

 「Targeting」という作品では、2009年製の「iPhone 3G」がHeckler & Kochの拳銃で撃ち抜かれている。
Scroll Right Scroll Left

 サンフランシスコを拠点に活動するデジタルイメージとCGIアーティストであるMichael Tompert氏は、新品のApple製品を破壊し、残骸を写真に収め、それを「物への執着とファッション、自由、束縛」に対する意思表示として表現している。

 「Targeting」という作品では、2009年製の「iPhone 3G」がHeckler & Kochの拳銃で撃ち抜かれている。

提供:Michael Tompert and Paul Fairchild

 サンフランシスコを拠点に活動するデジタルイメージとCGIアーティストであるMichael Tompert氏は、新品のApple製品を破壊し、残骸を写真に収め、それを「物への執着とファッション、自由、束縛」に対する意思表示として表現している。  「Targeting」という作品では、2009年製の「iPhone 3G」がHeckler & Kochの拳銃で撃ち抜かれている。

-PR-企画特集