今後の仕事とキャリアに影響を与える可能性のある10個のトレンド

文:Alan Norton(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子、編集部2010年12月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は「キャリアに関する10個の通説を考える--従来の会社勤めのイメージはもう終わり」という記事において、キャリアに対する展望が昔とは変わってきているという状況を解説した。そこで本記事では、将来を映し出す水晶玉を取り出し、今後のあなたの仕事とキャリアに影響を与えそうなトレンドを見つけ出すことにしたい。

#1:大学に代わる選択肢への注目の高まり

 高等教育にかかる費用の高騰により、中低所得者層の家庭の子どもにとっては大学進学が難しくなってきている。驚くべきことに、米国では教育ローンの債務額がクレジットカードを上回っている。多くの人々は、大学に進学することで、その費用に見合うだけのメリットが本当に得られるのかという疑問を抱き始めている。初めて就職しようという人々にとって、大学というところは高給を期待できるプロフェッショナルな仕事に就くうえで必要となる卒業証書をもらうための場所でしかない。また、雇用者から見た場合、大学は小麦ともみ殻を選り分けるための機関ということになっている。ただし、最近ではどちらの見方も少しずつ変わってきている。

 高校卒業者に対して、彼らの手の届く金額で、より効率的に教育を実施する方法があるはずだ。以下は、大学に代わる選択肢のいくつかである。

 こういったアプローチを複数組み合わせる(例えば、産学協同教育とバーチャル大学を組み合わせる)ことが最善の選択肢となるかもしれない。高校卒業後の教育に代わるものが何であれ、学生をより短期間に、そしてより低いコストで教育する必要があるはずであり、人事部は適切な人材とそうでない人材を選り分けるために、大学の学位よりも優れた手段が必要になるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加