logo

日本エイサー、2画面のタブレットノートPC「ICONIA」を国内でも2月以降に発売

坂本純子(編集部)2010年12月16日 14時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは12月15日、デュアルスクリーンを搭載したタブレットノートPC「ICONIA」を国内でも2011年2月以降に発売すると発表した。11月にニューヨークで発表した製品だ。価格は14万前後の見通し。

  • 瀬戸和信氏(左)とボブ・セン氏(右)

 コンセプトは、直感的なタッチ操作と最新の技術に敏感な人に向けたものという。日本エイサー マーケティングコミュニケーション課マネージャーの瀬戸和信氏は、「ハイエンドの位置づけでありながら、コストパフォーマンスを意識した。好奇心をくすぐられる新商品」という。

 円形のメニューをタッチして操作できる「AcerRing」と呼ばれる独自のユーザーインターフェースを搭載。バーチャルキーボードは1種類を備える。

 14インチ(1366×768)のディスプレイを2つ搭載する。重さは約2.8kgで、バッテリ駆動時間は約3時間。OSはWindows 7 Home Premium 64bit版、CPUにはインテルCore i5プロセッサを搭載。メモリは4Gバイト、HDDは640Gバイト(5400rpm、SATA)だ。インターフェースはUSB3.0、Bluetooth 3.0+HS。

  • ICONIAのコンセプト

  • ICONIAのスペック

  • 2画面で広がる可能性

  • 会場には財界人に似たタレントが登場。「円高パソ安」「買わせ介入」で為替差益を還元したいとアピールした

 エイサーの強みはコストパフォーマンスのよさだ。「他社と価格が同等であれば、スペックは他社以上。量産規模の大きさが、部品調達コストの低減に繋がっている。誰もが購入を検討できる適正価格だ」と自信を見せる。売上高も右肩上がりで伸びており、「2005年から2010年までの5年間で、1444%の成長率」と語った。

 円高還元として一部のPCを価格改定し、最大1万5000円割り引くと発表した。割引き率は機種によって異なる。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集