東芝、中国市場向けテレビ事業戦略を発表--2011年度に200万台販売へ

加納恵(編集部)2010年12月15日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は12月15日、テレビ事業における中国市場への取り組みを発表した。市場のニーズに合わせた9シリーズ24モデルを展開することで、2011年度に前年度比4倍にあたる200万台を販売するとしている。

 中国市場へは、10月から発売しているコストパフォーマンスの高い汎用モデルに加え、「CELL レグザ」のコンセプトを受け継いだ「55X1000C」を12月下旬に発売する。2D3D変換機能を含めた3D対応モデルで、中国市場向けのフラッグシップモデルに位置づける。

 東芝では、中国における液晶テレビ市場は2010年度、世界最大の市場になると見込んでおり、10月1日から営業活動を展開している。中国の家電メーカーであるTCL集団と、販売合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」も設立した。

 今後は沿岸部をはじめ内陸部での販売網拡大を見込み、商品取扱店を現在の約2200店舗から2013年度に1万5000店舗に拡大するとしている。

 同社では、今回の中国市場のほか、ASEAN地域インドに向けてのテレビ事業戦略を発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加