グーグル、「Honeycomb」搭載のタブレットを初披露--3D版「Google Maps」も

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月07日 16時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのAndy Rubin氏によると、同社の「Android」の次版「Honeycomb」を搭載するMotorola製タブレットには、3D版の「Google Maps」が含まれる予定だという。

 Rubin氏は米国時間12月6日、サンフランシスコで開催のD: Dive Into Mobileの開会式で、未公開のタブレットのプロトタイプを披露した。Googleは同じ日に、Androidのバージョン2.3である「Gingerbread」を提供開始する計画も発表していた。Rubin氏は、Honeycombと同OSを搭載のMotorola製タブレットは2011年のある時点で登場する予定だと述べた。同氏がGoogle Mapsアプリケーションを披露すると、モバイル業界のプロフェッショナルが集まった会場から驚きの声が上がった。

 Rubin氏は同タブレットに関して、それ以上の詳細を明かすことは控えた。

GoogleのAndy Rubin氏はD: Dive Into Mobileで、未公開のAndroid搭載のMotorola製タブレットを披露した。 GoogleのAndy Rubin氏はD: Dive Into Mobileで、未公開のAndroid搭載のMotorola製タブレットを披露した。
提供:Tom Krazit/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加