グーグル、「Android 2.3」(Gingerbread)を発表--その新機能は

文:Jessica Dolcourt(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月07日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月6日、「Android 2.3」(コード名「Gingerbread」)を発表した。ユーザーインターフェースが多くの点で変更されているのに加え、バックエンドの機能も強化されている。

 Android 2.3では、開発者はOpenGL ESやオーディオに直接アクセスできるようになった。ジャイロスコープのサポートと合わせて、たとえば、より洗練された動きの速いゲームを制作できるようになっている。また、SIPによるVoIPがサポートされるので、双方向のビデオ通話を組み込んだアプリを簡単に制作できる。

 マルチメディア関連ではWebMがサポートされ、「YouTube」やその他ウェブサイトがホストする動画をブラウザから視聴できる。また、近距離無線通信(Near Field Communication:NFC)にも対応し、内蔵の「NFC Reader」アプリによってNFCタグを読み取ることができる。

 ユーザーインターフェースに関連した変更点としては、Android 2.3ではバーチャルキーボードのマルチタッチに対応し、音声モードでの修正もできるようになった。また、テキストを1回のタッチですばやく選択できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加