「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」にドルビーサラウンド7.1体験スペースがオープン

加納恵(編集部)2010年12月03日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドルビージャパンは12月3日、六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」に、エンターテインメントコミュニティスペース「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space」(Entertainment Space)をオープンした。新たな情報発信の場として活用する。

 Entertainment Spaceは、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIの2階に常設される。55インチの液晶テレビとサラウンド機器を備え、ユーザーが気軽にドルビーサラウンドを体験できるスペースにしていくという。

ドルビージャパン代表取締役社長の漆山正幸氏 ドルビージャパン代表取締役社長の漆山正幸氏

 ドルビージャパンの代表取締役社長である漆山正幸氏は「TSUTAYAは、Blu-ray Disc、DVD、書籍などあらゆるコンテンツを取り揃え、たくさんのお客様が来店される場所。そうした場所にEntertainment Spaceを設けることで、ドルビーを理解していただける機会ができると考えている。新たなエンターテインメントを体験、発見できる場として提供していきたい」とEntertainment Spaceの意義を話した。

 Entertainment Spaceでは2011年1月23日までの間、映画「トロン:レガシー」の予告編をドルビーサラウンド7.1で公開する。店内には「TSUTAYA TOKYO ROPPONGIセレクトコーナー」を設置するほか、関連作品をレンタル、購入したユーザーを対象にトロン:レガシーの映画鑑賞ペアチケットなどが当たるプレゼントも実施するとしている。

 今後Entertainment Spaceでは、話題の作品や季節に合わせた作品などの情報を発信していく予定とのことだ。

  • スピーカーシステムにはデノンのものが使用されていた

  • 液晶テレビは東芝の「REGZA」

  • オープニングイベントとして映画「トロン:レガシー」の衣装を着用したモデルが登場した

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加