NASA、ヒ素をリンの代替として生存できる微生物を発見

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月03日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間12月2日、DNAレベルでヒ素をリンの代替として生存できる微生物「GFAJ-1」をカリフォルニア州モノ湖で発見したと発表した。これまで、すべての生物は6つの元素(リン、硫黄、炭素、水素、酸素、窒素)で構成されていると考えられてきたが、GFAJ-1は地球上のほかの生物と全く異なるDNAを持っているという。

 NASAが発表したリリースには、GFAJ-1を培養する実験で、リンを取り除いてヒ素に置き換えたところ、この微生物は成長を続け、その後の分析から、GFAJ-1の新しい細胞の構成要素にヒ素が使われたことが分かったと記されている。

NASAが提供するGFAJ-1の画像 NASAが提供するGFAJ-1の画像
提供:NASA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加