logo

NTTデータ、SAPの中堅中小規模企業向けソリューションをSaaSで提供

ZDNet Japan Staff2010年11月26日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは11月26日、「SAP Business All-in-One」ソリューションを利用したSaaS「INERPIA/イナーピア」を開発したことを発表した。サービス提供は2011年2月からを予定しており、12月より本格的な営業活動を開始する。

 INERPIAは、中堅中小企業向けERPパッケージであるSAP Business All-in-Oneを、月額利用方式のクラウド型サービスで提供するもの。NTTデータでは、同サービスの企画にあたり数百社からのヒアリングを行い、その結果を受けてERPの導入要望の高い中堅中小企業のニーズに応えるサービスとして、INERPIAを開発したという。

 NTTデータでは、利用企業のメリットとして、自社でシステム構築する場合に比べて、初期投資額やランニングコストの削減を実現できる点や、導入後の運用や効果を見ながらサービスを付加していくといった柔軟な拡張が可能な点を挙げている。

 サービスの提供にあたっては、NTTデータソルフィスの加工組立型製造業向けSAP Business All-in-Oneテンプレート、NTTデータの環境配慮型データセンターである「Green Data Center」、クラウド基盤としてNTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」を利用する。

 INERPIAの利用料金は、1社あたりの初期費用(税別)が1460万円。月額利用料(税別)が1ユーザーライセンスあたり1万9800円(1企業150ユーザーの場合)。アドオン開発などはオプションとなる。

 サービス開始に向け、NTTデータ、NTTデータソルフィス、SAPジャパンの3社では連携して企業への営業活動、セミナーなどのサービス普及活動を行っていく予定。

-PR-企画特集