logo

ボットで「リネージュ2」のアカウントを乗っ取る--アイテムをRMTで売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エヌ・シー・ジャパンは11月24日、同社サービスに対して以前から不正アクセスを行っていた容疑者2人を、神奈川県警川崎署が同日、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕したと発表した。

 2人の容疑者は、同社が提供しているオンラインRPG「リネージュ2」の著作物を無断で使用したフィッシングサイトを開設し、ボットを配布していた。プレーヤーがボットをダウンロードすると、ウイルスに感染し、ゲームで使用しているアカウントとパスワードが自動的に送信される仕組みとなっていた。2人はボットから得たアカウントとパスワードを利用して、ほかのプレーヤーのアカウントを乗っ取り、奪ったゲーム内アイテムやゲーム内通貨を「リアル・マネー・トレード」(RMT)で売却、不正な利益を得ていた。

 不正アクセスを行った2人は虚偽の個人情報を登録をしていたが、同社の情報と警察当局の捜査で、その行動の一部始終と所在地などを割り出すことができたという。同社は現在、2人と取引があったアカウント、フィッシングサイトからダウンロードしたボットを使用したアカウントについても社内の関係部署で調査を続けており、今後も当局の要請に応じて捜査協力を続けていくとしている。

-PR-企画特集