logo

日本HP、シングルサインオン 「HP IceWall SSO」のクラウド対応強化

富永恭子(ロビンソン)2010年11月25日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは11月25日、シングルサインオン(SSO)ソフト「HP IceWall SSO」シリーズのクラウド対応強化を目的に、新たなソフトウェアモジュールを発表した。

 今回発表したのは、認証連携モジュール製品「HP IceWall Federation Version 3.0」、認証モジュール製品「HP IceWall Federation Agent Version 3.0」、オープンソースを利用した認証連携モジュール製品「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」の3製品。

 HP IceWall Federationは、パブリッククラウドの認証システムやMicrosoft Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)との連携により、事前検証を必要とせずに容易にクラウド間の認証連携を可能にする製品。パブリッククラウドを自社のITサービスの一部として利用する際にも、高いセキュリティと一回の認証で利用できる利便性の両立を可能にするという。当初はGoogle AppsとSalesforceに対応するが、順次拡大したい考え。

 HP IceWall Federation Agent は、SAML V2.0のプロトコル通信を前提としたService Provider機能をウェブアプリケーションに提供するエージェントモジュール製品。HP IceWall Federationを始めとする認証連携製品との組み合わせにより、クラウド間の認証連携を実現するため、各クラウドサービスに導入するだけで他サイトに認証を委ねることが可能になり、自分自身で認証機能を持つ必要がなくなるとしている。

 HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリは、オープンソースの大規模分散処理プラットフォーム「Hadoop」の分散ファイルシステムを使用するデータベース「HBase」との接続を可能にする認証連携モジュール製品。HadoopとHBaseに対応することで認証データベースを従来以上にスケールアウトさせることが可能となり、大幅な可用性、運用性の向上とコスト削減を実現するという。なお、同機能でHadoopを利用したソフトウェアモジュールは業界初だとしている。

 HP IceWall Federationの提供価格は、いずれも税抜で、本番系が1接続ライセンスで252万円から、開発系は63万円から、HP IceWall Federation Agentは136万5000円からとなり、それぞれ11月25日から販売を開始する。HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリは12月からHP IceWall SSO購入者に無償提供される。日本HPでは、それと同時に「Hadoop 設定管理製品」も無償提供するとともに、「Hadoop 構築サービス for HP IceWall」および「Hadoop 保守サービス for HP IceWall」を有償で提供開始。さらに、「Hadoop ID管理製品」を今後提供する予定だという。

 日本HPでは、今回の製品強化により、プライベートクラウドとパブリッククラウドが混在し、多くの認証処理を必要とするミッションクリティカルな大規模認証基盤を簡単、迅速かつ安価に構築することが可能になり、ユーザーのリスク低減と利便性向上に貢献するとしている。また、Hadoopを活用した認証管理ソリューションの拡充を図ることで、クラウドとの接続拡大やステークホルダーの急増にともなう大規模認証基盤へのニーズの高まりに対応するとしている。

-PR-企画特集