logo

2012年にハイブリッド車11モデル--トヨタ、環境技術への取り組み公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は11月18日、今後の環境技術への取り組みを公表した。電気をはじめとした代替エネルギーの利用促進による石油消費の抑制、CO2排出量の削減を目指したエコカーの開発投入計画や次世代2次電池の研究成果などが含まれている。

 ハイブリッド車(HV)では、2012年末までに新車とモデルチェンジをあわせて乗用車系11モデルの投入を予定する。燃費リッターあたり40km以上(10・15モード走行)のコンパクトクラスのHVも投入する。

 プラグインハイブリッド車(PHV)は、2012年初までに日米欧中心に「プリウス」ベースのPHVの市販を開始し、年間5万台以上の販売を目指す。日本での車両価格は300万円程度を予定している。

 電気自動車(EV)については2012年に米国市場に加え日本と欧州でも「iQ」ベースのEVを導入、当面は年間数千台規模の販売を目指す。日米欧で2011年から走行実験を予定。中国への導入を検討するとともに、2011年に走行実験を開始する予定だという。

 燃料電池自動車(FCV)は、セダンタイプの燃料電池ハイブリッド車(FCHV)を開発し、2015年頃から日米欧の水素供給インフラが整備される見込みの地域へ投入していく。日本での車両価格は現時点で1000万円を切るめどはついているが、市場導入に向けてコスト低減に取り組むとしている。

 次世代2次電池については、全固体電池では粒子間抵抗の低減に成功し、小型パッケージングが期待できる電池の全固体化に向けて一歩前進したとしている。金属空気電池では、リチウム空気電池の反応機構を解明し、充電可能な2次電池としての研究指針を明確化させる。1月にプロセス研究の専門部署を設置し、のべ100人規模の研究体制で研究を加速するとしている。

-PR-企画特集