logo

東芝、ポータブル液晶も「レグザ」ブランドに--チューナ搭載機などを発表

加納恵(編集部)2010年11月18日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月18日、液晶モニタを搭載したポータブルDVDプレーヤーの新製品として「SD-P96DT」と「SD-P76S」シリーズの2機種を発表した。ブランド名を液晶テレビ同様の「レグザ」に改め、「レグザポータブルプレーヤー」として展開していく。

  • 「SD-P96DT」

 SD-P96DTは、9V型液晶を搭載したチューナ搭載モデル。地上デジタルとワンセグの両チューナを内蔵する。本体液晶は180度に回転する「フリースタイルディスプレイ」で、フルフラットに折り畳むこともできるという。

 DVDプレーヤーのほか、SDカードスロットを装備。電源はACアダプタ、カーアダプタ、リチウムイオンバッテリパックを使用する。本体サイズは高さ35mm×幅260mm×奥行き191mmで、重量は1.5kgになる。発売は12月上旬。店頭想定価格は4万円前後になる。

  • 「SD-P76S」シリーズ

 SD-P76Sシリーズは、ココナッツホワイト、フランボワーズピンク、ブルーベリーブルー、マスカットグリーンの4色をそろえた。リチウムイオンバッテリを本体に内蔵し、本体重量は900g。サイズは高さ41mm×幅200mm×奥行き165mmになる。液晶サイズは7V型。DVDプレーヤーとSDカードスロットを備える。発売は12月中旬。店頭想定価格は2万円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集