アイ・オー・データ機器、NVIDIA 3D Vision対応の23型液晶ディスプレイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は11月17日、NVIDIA 3D Visionに対応したフルHD対応の23型液晶ディスプレイ「LCD-3D231XBR」を発表した。高画質な3D映像が楽しめるという。12月上旬に発売する。店頭想定価格は4万4800円になる。

 LCD-3D231XBRは、3Dテレビでも使用されている「フレームシーケンシャル方式」を採用したNVIDIA 3D Visionに対応。偏光方式のディスプレイとは異なり、左目用と右目用の画像をそれぞれ60コマずつ、通常の倍となる秒間120コマで高速描画する。

 NVIDIA 3D Vision対応3Dゲームが操作できるほか、ブルーレイ3D規格に対応した3Dコンテンツの鑑賞も可能だ。

 スタンド装備時の外形寸法は高さ409mm×横546mm×奥行き174mm、質量は約5.4kg。本体には1.5W+1.5Wのステレオスピーカーを装備する。

LCD-3D231XBR フルHD対応23型液晶ディスプレイ「LCD-3D231XBR」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加