予告された「iTunes」関連の発表--アップルが予定しているのは何か?

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年11月16日 14時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それは内容的に良い必要がある。

 Appleは、「iTunesに関するエキサイティングな発表」により「明日、いつもと同じ1日が、忘れられない1日になる」ことを同社ホームページ上に大きく掲載し、約束している。

 これにより当然、テックニュース系うわさ製造機はフル稼働中だ。Appleが発表する可能性があるのは何か?その文言は、かなり大きなものであることを暗示している。もちろん、Appleはこれまでにも宣伝文句を誇張することぐらいやっている。「革命的で魔法のような」iPadを思い出してもらいたい。

 この文言はかなりドラマチックだが、公正に見てiPadは、業界を変えた製品というところに実際には落ち着く。さらに、まさにApple的な流儀として、iPadの場合、プレスカンファレンスが開かれ、その開催までの1年間騒がれ続けていた。今回のiTunesに関するニュースの場合、米国太平洋時間11月16日午前7時の予定で発表がAppleのウェブサイトに掲載されるだけのようだ。ここから生じる疑問は、Steve牧師の生演説を伴わない、生活やパラダイムを変えるほどのものとは、一体何かということだ。

 これだけ盛り上げておいて普通程度の発表、ということがないのを願おう。例えば、オノ・ヨーコ氏がThe Beatlesの楽曲をiTunesで提供することに向けて態度を軟化させたということや(もちろん、The Beatlesに関する発表はすごいことだ。しかし、このような盛り上げ方で世界中の注目を集めるのには、ふさわしくないと思われる)、音楽およびビデオコンテンツを「iPhone」「iPad」「iPod touch」から新しい「Apple TV」へとストリーミングできる「iOS 4.2」の発表のような既に分かっていることなどだ。

 Appleがこれまでに示唆していることから、AirPlay関係の発表が11月中にある予定だ。もし、それが、本当にAppleが明日発表する予定のものであれば、多くの人が呆れ、辛らつなツイートがテック業界のあちこちから上がるだろう。

 しかし、9月のイベントで説明があった機能で騒ぎ立てる必要があるだろうか?内容がさらに充実したソフトウェアアップデートでも、Appleは通常、一気に書き上げたようなプレスリリースを静かに出すだけで十分、もしくは、先週のiTunes 10.1やその前日のMac OS X 10.6.5のように、何のコメントもなくソフトウェアを単に公開するだけと考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加