Twitter、「Promoted Tweets」をタイムラインでテスト表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間11月1日、Promoted Tweetsをユーザーのタイムライン上に表示するテストを開始したことを発表した。Promoted Tweetsは、2010年4月に発表された同社の広告施策で、Twitter.comの検索での表示に始まり、パートナーによる検索での表示を経て、タイムラインでの表示に至った。

 Twitterによると、今回のテストは、同社パートナーであるHootSuiteの協力の下で実施されるという。

 Twitterは、今回のテストにおいて、タイムライン上のPromoted Tweetsに対してユーザーがどのように反応し、また利用するかを調べると述べている。

 テスト期間中、Promoted Tweetsは、全HootSuiteユーザーに対して表示されるということではなく、表示される場合でも異なるPromoted Tweetsが異なる場所で表示されるという。Promoted Tweetsは関連性に基づいて表示され、関連性は、同社「Promoted Account」のレコメンデーションと同様、公開されているフォローした相手のリストなどの要素によって決定される、とTwitterは述べている。

 Twitterは、Promoted Tweetsに関する次の段階として、より幅広いユーザーに広げることを計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加