エイチアイ、立体視向けコンテンツを描画できる「マスコットカプセル イラプションST」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイチアイは10月28日、3D描画エンジン「マスコットカプセル」シリーズの立体視対応製品と「マスコットカプセル イラプションST(MascotCapsule eruptionST)」の販売を開始した。

 イラプションSTは、1組の3Dグラフィックスモデルデータから、複雑なプログラムを書くことなく、立体視に必要な左目用、右目用画像を、自動的にリアルタイム描画することができる、アプリケーション開発者向けソフトウェア。

 ユーザーの好みで、立体感の強弱を調整することが可能。立体感は個々のアプリケーションごとに調整できるだけではなく、搭載機器側からの設定により、アプリケーションの外部からも調整できる。

 また、マスコットカプセルシリーズで開発したコンテンツの3Dデータを、イラプションST用のコンテンツとして転用することも可能。市販の3DCG制作ツールで作成した3Dデータも利用できる。

マスコットカプセル イラプションST 「マスコットカプセル イラプションST」での3D画像生成イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加