[レビュー]音の良さが魅力のコンパクトなiPhone/iPod対応2.1chスピーカー「ARENA」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本性能が充実。プレイリストやアルバムをリモコンで選択可能

 まずは基本性能。一言で言うと非常に「手堅い」印象だ。iPhone/iPod内の音楽の再生は本体上部のボタンのほか、付属のリモコンを用いても操作ができる。リモコンでは再生や停止、曲のスキップといった一般的な機能はもちろん、プレイリストやアルバムの選択にも対応するなど、多機能さが目を引く。リピートやシャッフルの設定などもリモコン側からできるので、いったんiPhone/iPodをセットすれば、あとは離れたところからリモコンを使って操作できるのがよい。

 スピーカーの音量はiPhone/iPod本体のボリューム設定に依存するが、iPhone/iPod本体でしか音量を調節できない同種製品とは異なり、リモコンもしくは本体ボタンによる調節が可能なので、いちいちiPhone/iPod本体ボタンからボリュームを調整する必要はない。個人的には、リモコンに付属している「MUTE」ボタンの存在が非常に親切だと感じた。

 このほか本製品はFMチューナを搭載しており、最大6局のラジオ局を登録してワンタッチで切り替えられる。またアラームクロックも搭載しているので、目覚ましがわりの使用も可能だ。言うまでもないがiPhone/iPodの充電スタンドとしても利用できるので、Dockの代わりにベッドサイドに設置することで、音楽鑑賞、目覚まし、充電とフルに活用できる。本体右下の液晶ディスプレイの輝度が3段階で調節できるのも、同等製品の多くに欠けている機能として、なかなか気が利いていると感じる。

  • 本体前面のトレイはワンプッシュで開閉する

  • 閉じた状態。未使用時は外見がすっきりするほか、ホコリもたまりにくい

  • 左から順に、電源ボタン、入力ソース切替ボタン、ボリューム調整ボタン(−+)、スヌーズボタン。スヌーズボタンはアラーム利用時に5分後に再度鳴らしてくれる機能だ

  • 右から順に、アラーム設定/スリープボタン、再生/一時停止ボタン、早送り巻き戻しボタン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]