アドビ、「AIR 2.5」を発表--テレビやタブレット向けの開発が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間10月25日、テレビ、タブレット、スマートフォン、デスクトップOS用に「Adobe AIR 2.5」ソフトウェアを発表した。

 AIRは「Adobe Flash Platform」の主要素であり、異なるデバイスおよびプラットフォーム間で利用可能なアプリケーションの開発を既存のコードを流用することで可能にする。AIR 2.5は、BlackBerry Tablet OS、Android、iOS、そして、Windows、Macintosh、およびLinuxを含むデスクトップOSをサポートする。さらに、サムスンは、テレビメーカーとしては初めて、同社「SmartTV」にAIR 2.5を統合する。Acer、HTC、Motorola、Research In Motion(RIM)なども、同ランタイムをプレインストールしたタブレットやスマートフォンを2010年末から2011年冒頭にかけて出荷する予定だという。

 また、Adobeは、Adobe InMarketも発表した。InMarketは、AcerやIntelなどが提供するアプリケーションストア上において異なるデバイス向けにアプリケーションの容易な配布および販売を可能にするサービス。InMarketは、バックグラウンドでシームレスに稼働し、エンドユーザーはアプリケーションストアからアプリケーションを直接ダウンロードできる。

 AIR 2.5は、加速度計、カメラ、ビデオ、マイクロフォン、マルチタッチおよびジェスチャをサポートしている。また、ジオロケーションのサポートにより、位置情報ベースのアプリケーションおよびサービスの開発を可能にする。さらに、アプリケーション内にネイティブのブラウザコントロールを表示できる。SQLiteのサポートにより、AIRアプリケーション内でデータベースを容易に保存およびキャッシュできる。AIR用ハードウェアアクセラレーションがBroadcom Corporation、Intel、NVIDIA、ST Microelectronics、Trident、Texas Instruments、Qualcommなどのチップ上で利用可能になっている。

 また、Adobeは、開発者向けキットのプレビューも発表した。AIR 2.5ソフトウェア開発キット(SDK)を含むFlash Platformツールを利用することで、開発者は、モバイルおよびマルチスクリーンアプリケーションをスマートフォン、タブレット、テレビ用に開発できるようになる。オープンソースのFlexフレームワークに対するアップデートは、ウェブ、デスクトップ、そして、モバイルアプリケーションの開発用に共通のフレームワークを提供する。Adobe Flash Builderのプレビューリリースには、慣れ親しんだ言語、コンポーネント、ツールを使ってのアプリケーション開発を可能にするための機能が加わっている。

 Adobe AIR 2.5と、AndroidおよびWindows、Macintosh、LinuxなどのデスクトップOS向け Adobe AIR 2.5 SDKは本日より利用可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加