フォトレポート:ユナイテッド航空のエンジン整備基地を見学

文:Kent German(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月28日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 筆者は先々週、サンフランシスコ国際空港のUnited Airlines整備基地で開催のUnited Airlines Family Dayに出席した。Blue AngelsやUnitedの航空機を間近で見ることができたほか、同社のエンジン修理ショーで整備士が「Boeing 747」「Boeing 757」「Boeing 767」「Boeing 777」各機のエンジンを整備する様子を見学できた。このツアーでは、ジェットエンジンが内側からはどう見えるのかということだけでなく、すべての部品のコストについても興味深い一端を垣間見ることができる。

 写真のPratt & Whitney製「PW4090」は、UnitedのBoeing 777航空機の動力だ。最大9万1790ポンド(約4万1635kg)の推力が得られる。
Scroll Right Scroll Left

 筆者は先々週、サンフランシスコ国際空港のUnited Airlines整備基地で開催のUnited Airlines Family Dayに出席した。Blue AngelsやUnitedの航空機を間近で見ることができたほか、同社のエンジン修理ショーで整備士が「Boeing 747」「Boeing 757」「Boeing 767」「Boeing 777」各機のエンジンを整備する様子を見学できた。このツアーでは、ジェットエンジンが内側からはどう見えるのかということだけでなく、すべての部品のコストについても興味深い一端を垣間見ることができる。

 写真のPratt & Whitney製「PW4090」は、UnitedのBoeing 777航空機の動力だ。最大9万1790ポンド(約4万1635kg)の推力が得られる。

提供:Kent German/CNET

 筆者は先々週、サンフランシスコ国際空港のUnited Airlines整備基地で開催のUnited Airlines Family Dayに出席した。Blue AngelsやUnitedの航空機を間近で見ることができたほか、同社のエンジン修理ショーで整備士が「Boeing 747」「Boeing 757」「Boeing 767」「Boeing 777」各機のエンジンを整備する様子を見学できた。このツアーでは、ジェットエンジンが内側からはどう見えるのかということだけでなく、すべての部品のコストについても興味深い一端を垣間見ることができる。  写真のPratt
  • このエントリーをはてなブックマークに追加