logo

マカフィー、中堅企業向けセキュリティスイート--一元管理でコストを削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは10月14日、中堅・大企業向けのセキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection」を10月15日から提供開始すると発表した。マルウェア対策保護、デバイス制御、メールとウェブセキュリティといった中堅規模以上の企業が必要とする基本的なエンドポイントセキュリティを含むスイート製品になる。

 簡略化された一元管理により、時間やコストの削減を支援するという。また、配備、管理、レポーティング、監査のための一元化されたセキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」と統合することで、企業全体のセキュリティの確保、管理を可能にしている。企業は、柔軟な配備オプションにより、自社のニーズに合った形でセキュリティをカスタマイズすることが可能となる。

 Endpoint Protectionにファイアウォール、ネットワークアクセスコントロール、ポリシー監査の各機能を追加したセキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection Advanced」も同時に提供を開始する。

-PR-企画特集