NTT東、ウェブサイトの脆弱性診断と改ざん検出を利用できるメニューを追加

田中好伸(編集部) 吉澤亨史2010年10月12日 20時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本電信電話(NTT東日本)は10月12日、中堅中小企業向けに提供している「オフィスまるごとサポート」でウェブサイトの脆弱性診断と改ざん検出を安価で利用できる「Webセキュリティ診断」を10月13日から新メニューとして追加すると発表した。

 Webセキュリティ診断は、利用企業のウェブサイトでの改ざんや個人情報漏洩などにつながるセキュリティ上の弱点の有無を遠隔で診断し、診断結果を通知するもの。診断にはセキュリティ企業であるラックが技術協力している。

 診断項目には、毎日1回利用企業のウェブサイトが改ざんされていないかを診断する「改ざん検出」と、毎月1回利用企業のウェブサイトにセキュリティ上の弱点がないかを診断する「脆弱性診断」が含まれる。利用料金は、1URLを診断する基本契約が月額5250円。1URLごとに4200円で最大4URLまで追加契約できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加