logo

[ウェブサービスレビュー]外部連携が強力な老舗のタスク管理サービス「Remember The Milk」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Remember The Milk
内容:「Remember The Milk」は海外で高い知名度を持つ老舗のタスク管理ツールだ。複数のリストを作ってタスクを分類し管理できるほか、GoogleカレンダーやiGoogleなどとの連携機能も豊富にそろっている。

 「Remember The Milk」(RTM)は、海外で高い知名度を持つタスク管理ツールだ。サービス開始が2004年、日本語化されたのも2006年と、同種のサービスの中では老舗にあたり、国内でも多くの愛用者がいることで知られる。

 RTMでは複数のリストを作ってタスクを分類し、管理できる。それぞれのタスクには優先度や期日、予測時間、リピートの間隔といった詳細項目のほか、タグを設定してリストを横断して呼び出すこともできる。完了したタスクは選択して「完了」をクリックする。やむを得ず翌日に繰り越すタスクは、同様に選択して「延期」をクリックする。

 RTMの売りは、外部サービスとの連携機能が充実していることだ。iCal方式でタスクリストをGoogleカレンダーやiGoogleに表示することができる。各リストは公開することも可能だ。またプラットフォームも多彩で、iPhoneやAndroid用のアプリも用意されており、さまざまな環境で利用できる。

  • メイン画面。複数のタスクリストをタブで切り替えて管理する。タスクは期限ごとに絞り込み表示が可能

  • タスクを選択して優先度を変更できる。タスクのコピーなども可能だが、リストが増えてくるとプルダウンメニューが煩雑になることも

  • タスクは優先度、期日、タスク名で並び替えられる

  • 各タスクには期日、リピートの間隔、予測時間、タグ、場所などを設定可能。ノートを貼ることもできる

  • タスクリストを公開することも可能

 インターフェースについてはややクセがある。例えばタスクの登録については、いったんタスクを登録してから優先度や期日といった詳細項目を改めて設定する必要がある。タスク名入力と詳細入力を行ったり来たりする羽目になるので、ストレスを感じる人もいるだろう。また、タスクを完了扱いにする際、チェックを入れて完了ボタンを押す操作も、チェックだけで完了扱いになる他サービスに比べると二度手間だ。

 個人的に使いやすいと感じるのはタスクのリピート設定だ。例えば月に1回行うタスクを登録しておき、完了にチェックを入れると、リストの下部に移動し、締切りが近づくと再びリストの上に上がってくる。つまりモグラ叩きの要領でルーチンのタスクを処理していけるのだ。

 ほかのタスク管理サービスにも同様の機能はあるが、当月分を処理するといったん非表示になったり、あるいは完了済みの印が入ったまま同じ位置に残るなど、使い勝手がいまいちなことが多い。その点、このRTMの挙動は理にかなっていると感じられる。多くのユーザーの要望を取り入れつつ進化してきたサービスであることが垣間見える部分だ。

 もっとも、タスク管理サービスといえばRTMくらいしか選択肢がなかった時代に比べると、今はGmailのToDoリストやNozbeなど競合サービスも多い。またiPhoneアプリは無料版だと同期できる回数に制限があるなど、有料版への移行を促すための制限もそこそこある。前述のインターフェース面でのクセも含め、ほかのサービスと比較してみて、利用の可否を決めるのがよさそうだ。

  • リマインダの設定も豊富だ

  • タスクを登録するためのメールアドレスのほか、iCal形式のアドレス、フィードのURLなどが用意されており、外部サービスとの連携が容易

  • iPhoneアプリも用意されているが、無料版では同期回数に制限がある

  • 期日ごとにタスクの一覧を表示できる

  • サードパーティが提供しているiPhoneアプリ「みるぽん」。公式アプリほどの機能はないが、無料でそこそこ使えるので愛用者も多い

-PR-企画特集