logo

インテル、家庭用電力管理デバイスのリファレンスデザインを発表

文:Martin LaMonica(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、吉武稔夫2010年10月04日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間9月30日、家庭用電力管理デバイスのリファレンスデザインを発表した。これをスマートグリッド事業への足がかりとして、同社のチップを家庭の台所に持ち込むのが狙いだ。

 IntelのバイスプレジデントDoug Davis氏は、サンフランシスコで開催された環境技術カンファレンス「West Coast Green」において、Intelが家庭用電力管理「パネル」と呼ぶタブレット型デバイスの設計はエネルギー関連の技術ツールを提供する取り組みの一環だと述べた。

家庭用電力管理デバイス 提供:Intel

 同デバイスは、ネットワーク化された家庭用機器および家庭用自動温度調節器(サーモスタット)を制御するためのハブとして働くとともに、スマートメーターから情報を集めることを目的としている。またIntelの「Atom」プロセッサをベースとしており、サーモスタットなどのWi-Fiおよび「Zigbee」プロトコルを使用するワイヤレス機器と連携できる。

 このデバイスは小型のコンピュータであるため、この他にも、電力会社の需要反応プログラムと連動してピーク時間帯における家庭用機器の使用電力を抑えるなど、多くのタスクをこなすことが可能だ。

 Intelのリファレンスデザインは、インターネットにアクセスしたり、セキュリティカメラからの映像を表示したりすることもできる。同社は過去に、このデバイスを家族が互いに伝言を残せる家庭コミュニケーションセンターとして披露したことがある。またサードパーティーがアプリケーションを開発することも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集