logo

パイオニア、2番組同時長時間録画を実現したSTB--HDD&BDレコーダーを装備

加納恵(編集部)2010年09月30日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月29日、500GバイトのHDDと、Blu-ray Discレコーダーを搭載したケーブルテレビ用デジタルセットトップボックス(STB)「BD-V8700R」を発表した。10月上旬に発売する。価格はオープン。

 「ダブルトランスコーダー」を搭載し、デジタル放送を長時間10倍モードで2番組同時に録画できる。500GバイトのHDDには、最大446時間の録画が可能だ。

 長時間モードによる2番組同時録画中でも、Blu-ray Discの再生や、高速ダビングなどの操作に対応するほか、画質変換ダビング中でも、放送番組の視聴、録画、ビデオオンデマンド(VOD)の視聴が可能。ダビング時でも操作の制約が少ないことが特長だ。

 録画した番組は、別売の携帯電話用USBケーブルを用いて対応する携帯電話へ転送できるほか、デジタルカメラやビデオカメラで撮影したコンテンツもUSB経由でHDDに取り込める。

「BD-V8700R」 「BD-V8700R」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集