logo

電子出版がテーマの新雑誌「eBookジャーナル」11月創刊--電子版も同時展開

岩本有平(編集部)2010年09月27日 20時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日コミュニケーションズは9月27日、電子出版ビジネスをテーマにした新雑誌「eBookジャーナル」を創刊すると発表した。11月中旬から隔月刊で紙版と電子版で同時展開する

 作家や出版社をはじめ、制作会社やデザイン会社、広告代理店、ハードやソフトのメーカーなど、電子書籍や雑誌を「作る」「売る」「ツールを提供する」といった形で関わる人々を読者に想定。電子出版について、技術や販売、権利・契約などの側面から紹介していく。毎日コミュニケーションズが運営するウェブメディア「マイコミジャーナル」とも連携。即時性の高いニュースをサイト上で掲載し、eBookジャーナルではその内容を深掘りする企画を展開していくという。

 紙版はB5サイズ、約160ページで定価2100円。発行部数は2万部。電子版はPDFで提供する。レイアウトや広告も紙版と同じものになる。定価や1260円。富士山マガジンサービスが運営する「fujisan.jp」を利用して配信し、PCやiPhone、iPadでの閲覧が可能だ。電子版の販売目標は5000部。2010年内に紙版の定期購読を申し込んだ場合に限り、電子版が1年バンドルされる。

 毎日コミュニケーションズ取締役出版事業本部長の滝口直樹氏は、「電子書籍、電子出版は特に出版業界にとって大きな話題。出版社以外の他業種も興味を持っている。ただ毎日のように新しい情報が出るがゆえにどうやっていくべきか分からなくなってきた」と、創刊に至る経緯を説明する。

 電子版については、複数フォーマットでの配信を予定している。「コンセプトは『電子出版ビジネスを成功に導く総合誌』だが、電子出版の実験誌でありたい」(eBookジャーナル編集長を務める毎日コミュニケーションズ出版事業本部編集第5部編集2課の小木昌樹氏)。また今後は電子書籍をテーマにしたセミナーも展開していくとしている。

-PR-企画特集