logo

FCC、ホワイトスペース使用規則を承認--新Wi-Fi技術の開発促進に期待

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月24日 08時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)は米国時間9月23日、免許不要で利用可能なホワイトスペース帯域の使用に関する新しい規則を満場一致で承認した。これによって今後、さらなる未使用無線帯域の開放が進むかもしれない。

 ホワイトスペースとは、テレビチャネルの間に存在する未使用帯域のことである。300MHz〜400MHzの未使用帯域は、長距離伝送が可能で壁も透過するため、無線ブロードバンドサービスの提供に最適な帯域であると考えられている。FCCは2008年11月、この帯域を無免許利用に向けて開放することに、満場一致で合意した。しかし、デバイスメーカーやサービスプロバイダーにこの帯域の使用を許可するにはまだ、技術的な問題を解決しなければならない。

 ホワイトスペースの使用を承認する今回の投票結果により、サービスプロバイダーとデバイスメーカーがこの帯域を利用する製品の設計を開始するための準備が整った。Google、Microsoft、Dell、Motorola、Hewlett-Packardなどの企業は何年も前から、この帯域の一般開放を求めていた。

 TVホワイトスペース帯域の開放は、十分に活用されていない他の帯域の開放にもつながる可能性がある。

 23日に採択された新しい規則の一部として、FCCは、干渉問題の可能性を緩和するために、2つのチャネルを無線マイク専用にすることに合意した。しかしFCCは、その帯域をすでに使用している既存のサービスと干渉しないように、デバイスメーカーが新しい製品にジオロケーション帯域検知技術を搭載することは要求しないと述べた。

 その代わりにデバイスは、送信前に、特殊なジオロケーションデータベースをクエリして、その帯域を使用しているものが存在しないことを確認することになる。このデータベース確認の目的は主に、ホワイトスペースサービスが放送テレビ信号に干渉することを防止することである。

 FCC会長のJulius Genachowski氏は、最終的にこの帯域上で稼働するであろう新しい無線ブロードバンドサービスを、「Wi-Fi on steroids(強化されたWi-Fi)」と呼んでいる。

 ホワイトスペース帯域と、Wi-Fiが使用する帯域との主な相違点は、ホワイトスペースの方が周波数が低いために、Wi-Fiが使用する高い周波数帯域よりもずっと容易に、より長い距離を伝送し、壁などの障害物を透過できるという点である。

 Genachowski会長は、新しい無免許帯域が、Wi-Fiに対して開発されているような、堅牢なエコシステムの構築に貢献するだろうと楽観的に考えている。

 「この新しい無免許帯域は、イノベーションのための強力なプラットフォームとなるだろう」とGenachowski氏は述べた。「米国人の発明力を解き放てば、素晴らしいことが生じるだろう」(Genachowski氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集