logo

広告配信のVideoEgg、Six Apartを買収--日本法人は存続

岩本有平(編集部)2010年09月22日 20時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シックス・アパートの日本法人は9月22日、同社の親会社である米Six Apartが米VideoEggの買収に合意し、新会社SAY Mediaを設立することを発表した。

 SAY Mediaでは、世界3億4500万人のユーザーにリーチできるプラットフォームを元に双方向な広告キャンペーンを実施していくという。

 日本法人としてのシックス・アパートは存続し、社名の変更も実施しないという。また、「Movable Type の開発・販売体制はすでに日本のチームがリードしており、今後の開発計画や販売体制に変更はない」としており、これまでどおり「MovableType」「TypePad」「zenback」などの製品やサービスの開発、販売、サポートを継続していくという。パートナー制度である「ProNet」も継続するとしている。

 SAY Mediaの主力事業となるメディア事業は、日本法人が6月より「sazanami」の名称で本格的展開しているものになる。今後はSAY Mediaが持つエンゲージメント技術などを取り入れ、日本およびアジア市場での展開を拡大していくという。

-PR-企画特集