logo

アップル、TV番組ガイド技術企業Roviと提携--Piper Jaffray、アップル製TVへの布石と予測

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月21日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月20日、テレビ番組ガイドをハードウェアベンダーに提供するRoviと提携した。RoviはMacrovisionが2009年に社名変更した会社で、同社技術はテレビ番組の選別、検索、DVRへの録画を可能とする。

 AppleとRoviとの提携について詳細は明らかになっていない。しかし、Piper Jaffrayのアナリストは、ライセンスされたサービスはApple TV、さらに、最終的にはオールインワンのApple製テレビで利用されるようになるとの見解を示している。

 Gene Munsterを含む3人のPiper Jaffrayのアナリストは、今回の提携について、「AppleがライブTVおよびDVR機能を同社『Apple TV』製品向けに開発しているさらなる証拠」としている。さらに、投資家向けのメモにおいて、今回の提携によりAppleは、Apple TV製品にライブTV、DVR、ガイダンス機能を明らかに追加することとなると述べている。

 9月に入って公開されたApple TVは、オンボードのストレージ機能が充実していないため、DVR機能を追加する場合、なんらかのローカルストレージが必要となる。同メモの作成に加わったAndrew Murphy氏は、このような機能は「将来のApple TV製品」に追加される可能性があると、電話での会話で述べた。

 しかし、Munster氏らは、新しいApple TVがさらに大きなものに向けた足がかりであると主張している。同氏らは、より多機能なApple TVが「オールインワンのApple製テレビ」に向けた次なるステップとなると述べる。同氏らの予測によると、今度数年で、Apple TVはより多くのコンシューマーを引きつけ、テレビへの足がかりを築くことになるという。

 Piper Jaffrayでは、Apple TVが2007年の発表以来、40万台販売されたと見積もっている。同メモでは、新しいApple TVの販売台数を最初の1年間で150万台と予測している。

 この販売実績を使うことで将来の計画を正当化し、Appleはオールインワンテレビを2012年中にリリースするだろう、とMunster氏らは予測している。Appleは、接続されたテレビ上で動作するアプリケーションにコンシューマーが慣れるのを待っている、同氏らは述べる。その時が来た際には、Appleは、「『iMac』と『iTunes』のエコシステムと同様に、オールインワンの概念をデジタルリビングルームに持ち込むだろう、と同氏らは予測している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集