logo

「Samsung Galaxy Tab」、米国では主要4キャリアが提供--サムスン発表

文:Donald Bell(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月17日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間9月16日、Androidベースの同社タッチスクリーン式タブレット「Samsung Galaxy Tab」が米国においてはVerizon、Sprint、T-Mobile、AT&Tの全主要キャリアから提供されることを記者会見で明らかにした。

 Tabの価格とリリース日は、依然発表されなかったが、キャリアごとに異なると思われる。また、サムスンは、同社スマートフォン「Galaxy S」と同様に、Tabの機能と仕様がキャリアごとにわずかに異なることを認めた。

 Tabは、異なるネットワーク技術に対応するCDMA版とGSM版という違い以外に、特定の内部メモリ容量がキャリアごとに異なることをサムスン関係者は認めている。現在のところ、IFAでの仕様によると、16Gバイト版と32Gバイト版が用意されているという。どちらもモデルもMicroSDHCカードを使うことで最大32Gバイトまでメモリ容量を拡大できる。

Samsung Galaxy Tab Samsung Galaxy Tab
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集