logo

ニコン、「COOLPIXシリーズ」にフラッグシップモデル「COOLPIX P7000」など3製品

エースラッシュ2010年09月15日 20時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは9月15日、「COOLPIXシリーズ」にフラッグシップモデル「COOLPIX P7000」など3モデルを追加、9月24日より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、フラッグシップモデル「COOLPIX P7000」、スタイリッシュな10倍ズームモデル「COOLPIX S8100」、静電式タッチパネル機能を搭載した「COOLPIX S80」の3モデルだ。COOLPIX P7000は、有効画素数1010万画素の1/1.7型原色CCDセンサ、広角28mm(35mm判換算)からの光学7.1倍ズーム、新画像処理エンジン「EXPEED C2」などを搭載したフラッグシップモデル。ズームの焦点距離設定ができる「ズームメモリー」や露出チェックができる「トーンレベルインフォメーション」などの新機能も備えた。発売予定日は9月24日で、市場想定価格は6万円前後になる見込みだ。

COOLPIX P7000 フラッグシップモデル「COOLPIX P7000」

 COOLPIX S8100は、裏面照射型CMOSセンサの採用で「夜撮りキレイテクノロジー」の画質を大きく進化させた10倍ズームモデル。新開発の「くっきり夜景ポートレート」モードは、人物と背景を別々に撮影して瞬時に合成する新技術が搭載されている。そのほか、高速連写やステレオ音声付きフルHD動画撮影、撮影前に画面を見ながら色合いを簡単に調整できる「クリエイティブスライダー」なども装備。カラーはノーブルブラック、プレシャスゴールド、フラッシュレッドの3種類で、発売予定日は10月7日、市場想定価格は3万8000円前後になる見込みだ。

COOLPIX S8100 10倍ズームモデル「COOLPIX S8100」

 COOLPIX S80は、広視野角3.5型ワイド有機ELモニタと静電式タッチパネルを搭載したモデルだ。従来機「COOLPIX S70」で採用されていた約29万ドットモニタから、約82万ドットへと高精細化。タッチ操作に対する反応速度も速めるなど、操作性が大きく向上している。また、約16.5mmの薄型ボディも魅力のひとつだ。カラーはカーディナルレッドとプラウドブラックの2種類をラインアップ。発売予定日は10月7日で、市場想定価格は3万8000円前後になるという。

COOLPIX S80 静電式タッチパネル機能を搭載した「COOLPIX S80」

-PR-企画特集