logo

5月時点のネット通信量、アップロードが減少--総務省調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は、5月時点の国内におけるインターネットトラフィックの集計結果を発表した。

 同調査は、総務省が半年ごとに実施しているもの。国内の主要インターネットプロバイダ(ISP)6社と、研究者5名の協力のもと、5月時点でのトラフィック状況を集計、試算した。

 その結果、国内におけるブロードバンドサービス契約者の総ダウンロード量は、前年比17.8%増の約1.45Tbpsと推定。一方、アップロードは推定約872.4Gbpsと、前年比では1.3%増となったものの、前回調査時の2009年11月と比較して7.5%の減少となった。

 また、時間帯によるトラフィックのピークは、19時から23時。土、日、祝日では日中の利用も多く、生活実態に合った利用形態であることがわかった。

 総務省では、今回のアップロードトラフィックの減少について「P2Pの利用が減少し、ウェブサービスに移行したことが背景にある」と分析している。

-PR-企画特集