logo

中堅・中小企業にとって理想的なリモートデスクトップサービスとは(後編) - (page 2)

岩上由高(ノークリサーチ)2010年09月14日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1to1型で既存PCを利用できる形態が理想的

 前編で述べたリモートデスクトップサービスにおける3つの形態のうち、「1to1型のシンクライアントサービス」を既存PCで利用することができれば、上記の一通りの課題を全てクリアすることができる。つまり、「既存PCをそのままリモートPCとして活用できる1to1型のシンクライアントサービス」ということになる。実際、こうしたサービスは既に幾つか登場している。以下で具体例を列挙してみよう。

既存PCをリモートPCとして活用できる1to1型リモートデスクトップサービス例
KDDI「セキュアPCアクセス」
富士通ネットワークソリューションズ「モバイルオフィスゲートウェイ」
日立ビジネスソリューション「DoMobile CSE ASPサービス」

これらのサービス名を見るとわかるように、名称だけではリモートデスクトップサービスである、1to1型である、既存PCをそのまま利用できるといった特徴を識別しにくい部分もある。そのため、これらリモートデスクトップサービスはVPNによるリモートアクセス手段のみを提供するサービスと混同されやすく、中堅・中小企業の目に留まりにくいという問題もある。以下ではこの種のサービスを「1to1既存PC活用型リモートデスクトップサービス」と呼ぶことにする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]