logo

フィードパス、Google Appsのカレンダー機能を強化するガジェットを提供開始

柴田克己(編集部)2010年09月06日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィードパスは9月6日、新たなクラウドサービスとしてGoogle Appsの一部として提供されている「Google カレンダー」にグループスケジューリングなどの拡張機能を付加する「feedpath Gadget」の提供を開始したことを発表した。

 feedpath Gadgetは、Google Apps Marketplace上で提供される、Google Appsのカレンダー機能を拡張するサイドバーガジェット。Google Apps Standard EditionおよびPremiere Editionに含まれるGoogle カレンダー上で利用できる。プラットフォームとしてはGoogle App Engineを採用し、利用にあたってはGoogle Appsのユニバーサルナビゲーションに統合されるため、ユーザーは企業やグループで利用しているGoogle Apps上から、feedpath Gadgetの機能をシームレスに利用できるという。

 このたび提供が開始されたガジェットは、「簡単ゲスト追加」ガジェット、および「グループカレンダー」ガジェットの2つで、いずれも無料で提供される。

簡単ゲスト追加 無料で提供される「簡単ゲスト追加」ガジェットでは、スケジュールの共有先をセレクトボックスで指定できる

 簡単ゲスト追加ガジェットは、Google カレンダー上で複数人での共有イベント(スケジュール)を登録する際に、共有するゲスト(参加者)をセレクトボックスからの指定で登録できるようにするもの。標準機能で同様の作業をする際に必要な、個別のメールアドレスを入力する手間を省く。もうひとつのグループカレンダーガジェットは、Google カレンダーのスケジュールデータを、フィードパスが提供する「feedpath Calendar」と似た、「横軸に週間の日付、縦軸にユーザー」をとった一覧表形式のグループカレンダーとして表示できるようにするものだ。

 フィードパスでは、第1弾の2つを含む、基本的な機能を提供する無料のガジェットを「ベーシック・ガジェット」、より付加価値の高い機能を提供する有料のガジェットを「バリュー・ガジェット」として、ラインアップを拡充していく方針だ。予定としては、10月に国際化対応(UIの英語対応、無料)、11月に更新された予定のリスト機能(無料)、12月から2011年1月にかけて、空き時間検索機能(有料)、アポイントセッター機能(有料)などをリリースする計画という。バリュー・ガジェットについては、1アカウントあたり月額100〜150円(年間契約)となる見込み。

グループカレンダー 無料で提供される「グループカレンダー」ガジェット。日付とユーザーの2軸でグループのスケジュールを一覧表示できる

 フィードパスでは、feedpath Gadgetについて、2010年内に1000グループ、2011年上半期までに5000グループ(うち有償500グループ)での利用と、累計で1000万円の売上を目標としている。

-PR-企画特集