logo

新「Apple TV」がリビングで成功するには--消費者が求めるもの - (page 2)

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月03日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルリビングルームが競争の対象となっているのは間違いない。RokuやBoxee、そして「Google TV」を近々提供開始するGoogleなどの企業は、セットトップボックスで大きく前進しようとしてきた。サムスンもこの分野に進出しつつあるが、そのアプローチは異なる。同社は、テレビやBlu-rayプレーヤーに直接アプリケーションやコンテンツを入れて、独自のプラットフォームを構築しようとしている。

 Jobs氏は、顧客がリビング向けデバイスに何を求めているかについて、自分やAppleの同僚がApple TV発売後の数年間で学んだことを列挙したものの、1日の時点では、Apple TVに関して大きくはっきりとしたビジョンは持っていなかった。

 Jobs氏は多くの時間を費やして、リビングルームでは何がうまくいかないのかを、顧客からのフィードバックに基づいて語った。同氏によれば、人々が嫌がるのは、音がうるさい大型のセットトップボックスや、ユーザーが作成したコンテンツ、リビングにコンピュータを置くこと、ハードドライブの容量を気にしなければならないことだという。

 同氏は人々がリビングにコンピュータを置きたがらないという点を強調した。これはJobs氏流のGoogle批判だ。Googleは、Google TVを使ってリビングでコンテンツを消費するという、ウェブ中心の考え方をしているからだ。しかし、Jobs氏の考え方は、一部で予測されていたApple TV上のアプリケーションが披露されなかった理由を示しているのかもしれない。アプリケーションと聞けば、コンピュータなどのガジェットを連想する。おそらくAppleは、Apple TVがミニコンピュータだという印象を与えたくないのだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]