logo

パナソニック、リニアPCM録音機能搭載のICレコーダー「RR-XS600」

エースラッシュ2010年09月02日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月1日、リニアPCM録音機能を搭載したICレコーダー「RR-XS600」を発表した。9月17日に発売する。店頭想定価格は1万2000円前後になる。

RR-XS600 ICレコーダー「RR-XS600」

 RR-XS600は4Gバイトメモリを内蔵したICレコーダーだ。PCMモードのほか、MP3形式によるXP、LP、SLPモードの計4種類を用意する。ズームやワイドといった録音条件の設定を簡単に行える「録音ポジションスイッチ」を装備。さらに、マイク感度などを好みに合わせて設定できる「マニュアル」ポジションも用意されている。

電源には単4形乾電池2本を使用。アルカリ電池を利用した場合、リニアPCMステレオ録音でも約22時間の録音が可能だ。本体サイズは高さ110.1mm×幅39.0mm×奥行き15.1mm、重量は約42g(電池含まず)。直径20mmのスピーカーを内蔵する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集