logo
VMWorld

仮想化の旅はクラウドの実現に通じる--VMworld 2010基調講演 - (page 2)

冨田秀継(編集部)2010年09月01日 08時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変わりつつある仮想化の役割

VMware CEOのPaul Maritz氏 VMware CEOのPaul Maritz氏

 続いて登壇したCEOのMaritz氏は、仮想化環境で提供されるサーバアプリケーションの数が、2006年には物理環境を超えたというIDCの調査結果を説明した。この調査により「今後、何に注目しなければいけないかが明確になった」とMaritz氏は言う。

 CPUやメモリのアクセスを仲介する役割が主だった仮想化技術は今、「他のリソース――たとえばデータセンターのデータやネットワークを仲介するようになっている。この領域でこそイノベーションが求められているのだ」とMaritz氏。ハードウェアの利用効率の向上だけを求めるのではなく、同じようにオペレーションの効率も向上させなければならないとした上で、今後は「管理」「自動化」「セキュリティ」が重要になると強調。セキュアなハイブリッドクラウドの実現を目指すことを表明した。

コンシューマライゼーションに対応するプラットフォームを

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]