logo

ソニエリ、Xperiaの「spモード」対応に向けアップデート--8月30日から

坂本純子(編集部)2010年08月27日 21時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは8月27日、NTTドコモから発売しているスマートフォン「Xperia SO-01B」のバージョンアップを8月30日から開始すると発表した。

  • spモードのメール画面

 バージョンアップには2通りの方法があるが、8月30日はPCと接続する方法のみ受け付ける。Xperia本体からのバージョンアップは、8月31日に開始するという。

 今回のバージョンアップは、NTTドコモが同日発表した「spモード」の対応に伴うもので、spモードを利用するにはバージョンアップが必要になる。

 spモードメールアプリに対応するほか、spモード契約で必要となるAPN設定を自動で反映する。このほかに、入力アシスト機能のバージョンアップ、データをmicroSDに保存して復元できる「バックアップと復元」アプリの追加、「Mediascapeミュージック」で表示されるアルバムアートを手動で削除できる機能が加わる。

  • POBox Touch 3.0で変わった数字モードのレイアウト。従来の記号キーも表示可能

 入力アシスト機能は、「POBox Touch 2.0」から「POBox Touch 3.0」へと進化。定型文や電話帳データを外部アプリから引用し、簡単に入力できる「POBox Plug-in」に対応する。入力画面からキーを長押しするとアプリ候補を呼び出せる。Androidの日本語入力アプリ「Simeji」の「マッシュルーム」機能と互換性があり、ソニー・エリクソンの公式ウェブアプリ「PlayNow」内の「APPNAVI」に集約して紹介する。さらに、予測変換の強化や、英語を入力した後に自動でスペースを追加するかどうかの設定が可能になるとしている。

-PR-企画特集