「Hotmail」で「Exchange ActiveSync」が近く利用可能に

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2010年08月27日 15時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン州レドモンド発--「Hotmail」の最新アップデートに含まれると約束された機能の1つが来週登場するとの情報を、米CNETが入手した。

 レドモンドで米国時間8月26日に行われたインタビューの中で、MicrosoftのDharmesh Mehta氏はCNETに対し、Hotmail利用者が携帯電話などのデバイスで電子メールのプッシュを受けられる「Microsoft Exchange ActiveSync」が、米国時間30日に利用可能になると語った。

 「Microsoft Exchange Server」に接続する「Microsoft ActiveSync」に対応している携帯電話は多いが、新機能を最大限に活用できるのは、デュアルActiveSyncアカウントに対応する「Palm Pre」、最新の「iPhone」、これから登場する「Windows Phone 7」ベースのデバイスなど、比較的少数の携帯電話だ。また、Exchange Serverには接続しないがActiveSyncに対応したデバイスを所有する携帯電話ユーザーも、Hotmailの新しい機能を利用できる。

 Hotmailの利用者は長い間、IMAPなどの拡張された同期機能を待ち望んできた。ActiveSyncはより堅固な選択肢を提供し、POPアクセスとの組み合わせにより、待ち望まれていた同期機能を多くのHotmailユーザーにもたらすと、Mehta氏は語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加