logo

ビクター、ちょい撮りビデオカメラ新「PICSIO」--防水モデルも

加納恵(編集部)2010年08月24日 15時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは8月24日、携帯電話サイズのHDビデオカメラ「PICSIO」シリーズに、防水タイプの「GC-WP10」(WP10)と、USB端子を内蔵した「GC-FM2」(FM2)の2機種を発表した。フルHDでの動画撮影に対応する。発売は9月上旬。店頭想定価格はWP10が3万円前後、FM2が2万円前後になる。

 両機種ともに、SD/SDHC/SDXCカードに1920×1080ピクセル、30fpsのフルハイビジョン動画と、500万画素の静止画撮影が可能。3.0型の液晶モニタはタッチパネル式になる。

  • 「GC-WP10」

 防水タイプのWP10は、水深3m以内の水中であれば約30分の使用ができる、防水規格JIS IPX8相当の防水性能に対応した。本体側面には、電源ボタン、動画/静止画ボタン、撮影ボタンなどのボタンキーを搭載。水中で操作しやすいようなデザインにしたとしている。

 本体サイズは、高さ101mm×幅60mm×奥行き25mmで、重量約152g。ボイスレコーダーとしても使用できる。HDMI端子とUSB端子を備え、USB接続による充電も可能だ。

  • 「GC-FM2」

 現行モデルをベースにバージョンアップされたGC-FM2は、PCとの簡単接続を考慮し、USB端子を本体下部に内蔵。スライドすることでUSBプラグが出てくるため、ケーブルレスでPCとの接続が可能だ。

 本体サイズは、高さ102mm×幅53mm×奥行き22mmで、重量は約115g。電源を入れたままPCに接続すると動画のアップデートができ、電源オフの状態でPCに接続すると充電が開始されるとしている。

 オリジナル編集ソフト「LoiloScope EX」は、本体に内蔵されているため、PCへのインストールが不要。トリミング、ファイル結合/クロスフェードといった編集加工ができるほか、YouTube、Facebookなどへのアップロード機能も備える。Windows 7のマルチタッチ操作にも対応しているため、対応のPCモニタを接続すれば、マルチタッチでの操作ができる。

 

-PR-企画特集