logo

ビジネスやプライベートで「使える」厳選iPadアプリ--「タスク・予定管理」編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最近、App StoreにおけるiPadアプリの数は、なんと2万を超えたという。選択肢が増えるということは、iPadユーザーにとって嬉しい限りだ。しかし、アプリの数が増えると、どれを選べばよいのか余計に迷う上、「少し試してみたい」という好奇心だけで、1000円を超えるようなアプリを買うのは、なかなか勇気がいる。そこで今回は、特に高額アプリの多い「タスク/スケジュール管理」アプリを5つ紹介する。

■OmniFocus for iPad
4600円

 「OmniFocus」は、デビッド・アレン氏が提唱するタスク管理システム「GTD(Getting Things Done)」を、Macで忠実に実践できるソフトウェアとして人気だ。そのiPad版が、「OmniFocus for iPad」だ。iPhone版がすでに販売されているが、デスクトップ版よりも機能が制限されており、母艦としてMac版のOmniFocusは必須であった。しかし、iPhone版よりも機能の充実したiPad版の登場により、iPad単体もしくはiPadとiPhoneを同期しての使用も考えられるようになった。

 最近、App StoreにおけるiPadアプリの数は、なんと2万を超えたという。選択肢が増えるということは、iPadユーザーにとって嬉しい限りだ。しかし、アプリの数が増えると、どれを選べばよいのか余計に迷う上、「少し試してみたい」という好奇心だけで、1000円を超えるようなアプリを買うのは、なかなか勇気がいる。そこで今回は、特に高額アプリの多い「タスク/スケジュール管理」アプリを5つ紹介する。

OmniFocus for iPad
4600円

 「OmniFocus」は、デビッド・アレン氏が提唱するタスク管理システム「GTD(Getting Things Done)」を、Macで忠実に実践できるソフトウェアとして人気だ。そのiPad版が、「OmniFocus for iPad」だ。iPhone版がすでに販売されているが、デスクトップ版よりも機能が制限されており、母艦としてMac版のOmniFocusは必須であった。しかし、iPhone版よりも機能の充実したiPad版の登場により、iPad単体もしくはiPadとiPhoneを同期しての使用も考えられるようになった。

 

 最近、App StoreにおけるiPadアプリの数は、なんと2万を超えたという。選択肢が増えるということは、iPadユーザーにとって嬉しい限りだ。しかし、アプリの数が増えると、どれを選べばよいのか余計に迷う上、「少し試してみたい」という好奇心だけで、1000円を超えるようなアプリを買うのは、なかなか勇気がいる。そこで今回は、特に高額アプリの多い「タスク/スケジュール管理」アプリを5つ紹介する。 ■OmniFocus for iPad 4600円  「OmniFocus」は、デビッド・アレン氏が提唱するタスク管理システム「GTD(Getting Things Done)」を、Macで忠実に実践できるソフトウェアとして人気だ。そのiPad版が、「OmniFocus for iPad」だ。iPhone版がすでに販売されているが、デスクトップ版よりも機能が制限されており、母艦としてMac版のOmniFocusは必須であった。しかし、iPhone版よりも機能の充実したiPad版の登場により、iPad単体もしくはiPadとiPhoneを同期しての使用も考えられるようになった。

-PR-企画特集