グーグル、「Chrome Web Store」の開発者向けプレビューを開始

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年08月20日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月19日、ウェブアプリケーションストア「Chrome Web Store」に関する情報を一部明らかにした。同社Chromiumブログへの投稿によると、ウェブアプリケーション開発者は、自作のアプリケーションを同ストアに試験的にアップロードし、購入者からどのように見られ、また、購入されるかに関する感触をストア公開前に得ることができるようになったという。

 また、Googleによると、アプリケーション価格の5%がストアのホスティングと支払い処理の費用として徴収されるが、各有料アプリケーションのダウンロードでは決済ごとに30セントが上乗せとなるという。また、開発者は、Chrome Extensions開発者としての登録済みである場合を除き、Chrome開発者としての登録料として5ドルの支払いが1度だけ必要となる。アプリケーションは、無償、有償、無償試用の形式で提供可能で、最低価格は1.99ドルとなっている。

 Chrome Web Storeで提供可能な製品種別は、アプリケーション、テーマ、エクステンションの3種類となっており、開発者はどの製品も有償にできるという。

 同ストアについては、今週に入って、10月にローンチされるのではと報じられていた。Googleでは、ローンチ時期についてまだ明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加